那須烏山市 整備・メンテ GooPit 森川自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 整備・メンテ GooPit

森川自動車の整備・メンテナンス

 当社は国の認証工場です。

確かな技術とサービスでお客様のおクルマを整備させていただきます。
国家資格を保有したベテランスタッフがお客様の大切なおクルマを丁寧に整備いたします。
おクルマの困り事は当社スタッフにご相談ください。

整備メニュー

 おクルマのコンピューター診断

複雑に電子制御されている車両の内部点検には専用のコンピューター診断機が必要です。おクルマのチェックランプが点灯した時にコンピュータ診断機で異常を速やかに診断します。ハイブリッド車の点検もおまかせください。

 バッテリー点検・交換

最新のハイブリッド車、プラグイン・ハイブリッド車はハイブリッドバッテリーの他に補器バッテリーと言われる従来のカーバッテリーが付いています。こちらのバッテリーの寿命は3~5年です。バッテリーの点検を怠ると「エンジンスタートボタンを押しても反応がない」こんな症状が突然起こります。その前に、定期的にバッテリーの点検と交換をおすすめします。

 ブレーキ(ディスクブレーキ)修理

ディスクブレーキとは、主にフロントブレーキに使用されるブレーキの種類です。
軽自動車、普通車、ハイブリッド車、電気自動車すべてに付いているのがブレーキ、当たり前ですが、昔も今も形や大きさが違ってもブレーキの原型は変わりません。当然、走行すれば摩耗しますので定期的に点検・整備が必要です。安全には一番重要な部品です。故障事例としては、ブレーキフルードの液漏れやブレーキの固着、ブレーキ(パット)摩耗による異音などです。最悪、ブレーキが効かない状態にもなりますので、プロの点検・整備が必要です。

 リヤブレーキ(ドラムブレーキ)修理

ドラムブレーキは主にリヤブレーキに使用されるブレーキの種類です。(軽自動車・小型車)
ドラムブレーキはディスクブレーキより内部が見えない構造なので、定期的に内部の点検が必要です。
故障事例としては、ブレーキフルードの液漏れやブレーキ(ライニング)摩耗による異音などです。最悪、ブレーキが効かない状態にもなりますので、プロの点検・整備が必要です。

 タイヤ・ホイール入替・バランス調整

おクルマを安全で快適に走らせるにはタイヤの状態が重要です。タイヤは走行距離が延びると摩耗してタイヤ溝が無くなります。タイヤ溝が少なくなると、雨の時スリップしやすく、ブレーキ制動距離も長くなります。当然、事故の原因になりますので、定期的に点検と交換が必要です。また、タイヤの空気圧も適正圧を維持しないと、タイヤの方減りやバーストの原因になりますので、定期的に測定、調整が必要です。

 エンジンオイル交換

エンジンをいつまでも快調に維持するにはエンジンオイルがポイントです。エンジンオイルは走行距離と時間で劣化しますので、定期的に交換してエンジンの快調を維持しましょう。
おすすめのエンジンオイル交換は走行距離5,000km毎です。

 オートマチック ミッション(CVT)フルード交換

オートマチックトランスミッション(CVT)のフルード交換は専門知識と機材が必要です。当社は専用オートチックミッション(CVT)フルード チェンジャーで各メーカー純正フルード交換ができます。

 冷却水(LLC)交換

高温になるエンジンを冷却をしているのが冷却水(LLC)です。LLCはロング・ライフ・クーラントの略で一定期間は交換が不要ですが、7年を超えるとその成分は劣化します。冷却水(LLC)の交換には専門知識と機材が必要です。

マフラー・ブーツ類・リビルト部品・他

1/10

 取り扱い商品(パーツ)

マフラー、サスペンション、タイヤ、アルミホイール、ブーツ類、ベルト、各種エレメント、ライトバルブ、プラグ、エアコンフィルター、各種添加剤、各種リビルト部品(オルタネータ・スターターエアコンコンプレッサー・各種自動車ガラス、中古部品など)

GooPit/グーピット

 GooPitはお客様が自動車部品持ち込み、当社で取り付けるサービス!

タイヤ、アルミホイール、ナビ、ドラレコ、バッテリー、マフラー、エアロパーツ、サスペンションなど取付ができます。修理部品もネットで購入して持ち込んでください。

無料のご相談・ご予約はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでも
お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0287-88-8920
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。